もやし社長の47歳日記

ひよっこガリガリ社長の僕が、とある入院をきっかけにこの貧弱体系に卒業を誓う。日々の筋トレと経営について、そして学生時代の思い出を思いのままに書いて行こうと思います。皆様よろしくお願いいたします。

United States of America vol.7

留学生活も1か月過ぎようとしていた。

アメリカ人の英語教科書 に対する画像結果

語学学校にも少しづつ慣れて来て、

クラスの数名とは挨拶とかろうじて英語っぽく

コミュニケーションを出来るようになってきた。

 

★その頃身に着けた技、

 

雰囲気で分かったふりをする!!

 

めっちゃ話しかけられてる時に、「分からない!」なんて言えない空気が大半で・・・

 

その時は半笑いで「ウ~フン。ア~ハ~。YES!」ってこの三つを繰り返す。

 で、相手が笑うと僕も大笑いする。

 

分かってる雰囲気で。

 

すると、なんかめちゃ聞いてるみたいになって気持ちよく話して来る。

 

さらに逃げ場がなくなってきて、最終的にいうのはこれ、

「ALLRIGHT」・「REALLY?」

以上。

 

話しの大半がわかってなくてもこれで逃げ切る。

そして彼はヒアリング力があると勘違いされるのだ(涙)

 

不思議なもので、中学・高校で6年間も英語の授業を受けてまったく理解できなかった英語。

 

それが生きるために必要な英語に変わった時、

覚える吸収力の速さが半端ない。

 

それも英語で英語を学んでるにも関わらずだ!

 english textbook に対する画像結果

 

日本語で6年授業を受けて分からなかったのに・・・

 

なぜならば、覚える英語はその数分後にすぐに生活に必要な武器になるから必死に覚える。

 ゆわば生きる術なん。

 

覚えると表現力が増えるので楽しくなってくる。

 

そうなるともう、勉強ではなく。

 

生きるための必要なモノを得るための時間なのだ。

 

そしてクラスメイトも英語ができない人たちってのもありがたい。

変な劣等感もプライドも僕には無かったから・・・

出来なくて当然だったから。

 

なんでも素直に聞けた、分からないことは何でも聞けた。

 

なんで英語の始まりは大文字なん?

ONなの?ATなの?その区別はなんなん?

なんでDO NOT をDON'Tっていうの?

HAVEぼ場合とこの場合はHASってなんでなの?

そしてTOがつくと意味が変わるのはなんでなん?

なんで一個の場合は A がつくの?

複数の場合は最後に S がつくの?

なんで母音の前はANになるの?

過去形はなんでスペルが変わるの?

そもそもDOってなんなん?

 

子供が質問しまくるように疑問ばっかりだった、

そして質問しまくった。

 

今までは恥ずかしくて聞けなかった事を聞いた。

 

このアメリカで生きるために。

 

 で、授業が終わると覚えたての英語をあちこちで使う、いや使うと便利になっていく。

 

キャンパスでかわい子ちゃんに知っているのに場所を聞いたり、

図書館で体育館で銀行で、ハンバーガー屋さんでスーパーで

外に出るとさっき授業で習った英語をすぐに使う。

 

ルームメイトのMIKEに話しかけることもできる。

 カフェテリアの100㎏ぐらいの黒人のおばちゃんにも答えることができる。

 cafeteria に対する画像結果

いわば復習。

そして予習も出てくる?

こんな場合なんて言うん?

この言い回しや発音では通じへんかった?

どない言うねん??

 

あっ、明日パターソン先生に聞こう!ってな具合に・・・

 

日に日にそして、

一気に英単語や言い回しが増える。

 

その時に身をもって感じた。

 

英語は学業ではなく、ツールなのだと。

 

赤ちゃんでもヘンテコな人でさえその国で育てばその国の言葉は話せるわけで、

 

僕が馬鹿でも日本語は話せる訳で・・・

 

今までは勉強だと思うから億劫で、めんどくさかったし、難しいと思い込んでいたんだということに気づいた。

 

そして何より間違っていても通じたら勝ちな事にも気づく。

生きる(生活する)うえでは。

テストでは×ですが・・・

 

アメリカ人ですら使い方をめっちゃ間違えて話しているのにも驚いたし。

 

「なんや、間違えてもえ~んやん!!」

 

過去形にしなくても、三人称単数現在のSが無くても、

DOをつけなくても質問できるし、通じる。

 

中学や高校で習った、

HOW ARE YOU ?以外にも挨拶あるし!!

 

ってな感じで今までの英語への常識は覆った。

 

そこで僕は決めた。生まれ変わると。

 

今日から僕はアメリカ人、と言い聞かせた。

 

だから話し方はアメリカ人をまねる。

発音もしぐさも。

サングラスもティアードロップにした。

ジーンズはその当時空前のブームだったGUESSを履いた。

ポロシャツはラルフを着た。

何かあるたびにハイタッチをした。

語尾に「メーン」をつけた。

tear drop sunglasses に対する画像結果

よく馬鹿にされたが、アメリカ人になりきった。

 

毎日JAP、ジャップと罵られたけど。

*日本人をバカにする差別用語として利用されるスラング

 

気にしない。

「僕は今日からアメリカ人」

 

でいくと決めたのだった。